ドッグフード 胃腸ケア

犬の腸内細菌&便質が生まれ変わる【犬心 消化器ケア】

↑無料サンプルはコチラからもらえます↑


ワンちゃんの胃腸(消化器)の病気

ドッグフード胃腸ケア

このページでは犬の胃腸(消化器)の代表的な病気をご紹介しています。


それぞれの病気の症状や原因、診断方法や治療方法についてまとめてみました。

胃腸(消化器)の病気は、他の病気に比べても病中病後の栄養管理がとっても大事。

『療法食』というものがあるのは、それだけ身体にとって食事が大切という証拠です。


病気の説明だけでなく、食事についても気を付ける点を調べてみました。




急性胃腸炎


ドッグフード胃腸ケア


一般的に1週間程度で良くなる胃腸の不調を急性腸炎といいます。

胃腸の病気としては一番多いですが、原因はさまざまです。


症状

多くの病気の初期症状でもあるので、この症状だけでは病気や原因は特定できません。

放っておいても治ることもありますが、そうでない場合もあるので、あまり軽く考えないでくださいね!


 ドッグフード胃腸ケア 嘔吐(吐血含む)

 ドッグフード胃腸ケア 下痢(血便含む)

 ドッグフード胃腸ケア 元気がない

 ドッグフード胃腸ケア 食欲がない


原因

一番よくあるのが【異物誤飲】です。

食べ物でないものを食べてしまったことで胃腸が傷ついて、下痢や嘔吐を引き起こします。


 ドッグフード胃腸ケア 異物誤飲

 ドッグフード胃腸ケア 薬物中毒

 ドッグフード胃腸ケア 寄生虫

 ドッグフード胃腸ケア 感染症


治療法

原因によって治療法はさまざまです。

【異物誤飲の場合】

吐かせることができるものであれば嘔吐させて取り出せる場合もありますが、

留まっている場所によっては内視鏡や手術でとりだす必要があります。

木のボタンなど、排泄されるのを待っても大丈夫なものもありますが、何か分からない場合は必ず病院へ行きましょう。

尖ったものやひも状のものなどは消化器を傷つけたり、詰まってしまう場合があるので軽く考えないでくださいね。


【薬物中毒】

農薬や除草剤などのついた草などは、量によっては命に関わります。

食べてすぐなら吐かせることもできますが、家庭では難しいと思いますのですぐに病院へ行きましょう。

吸収してしまったら解毒薬の投与や点滴などの処置を行います。


【寄生虫や感染症】

駆虫薬や抗生剤の投与で治療します。


ドッグフードなど栄養管理で注意する点

多くは一過性のものなので、良くなるまでは胃腸に負担をかけないように消化に良いフードをあげましょう。

物理的に傷ついている時はフードをふやかすなどしてもいいと思います◎

異物誤飲の場合は食生活どうこうよりも、変なものを口にしないよう注意してあげることの方が大事ですね!



蛋白漏出性腸症


腸からたんぱく質が漏れ出てしまう病気で、酷くなると血液中のたんぱく(アルブミン)が低くなる低アルブミン血症を引き起こします。

症状

 ドッグフード胃腸ケア 長くつづく下痢

 ドッグフード胃腸ケア 食べているのに痩せる

 ドッグフード胃腸ケア むくみや腹水


原因

IBDや悪性リンパ腫、腸リンパ管拡張症などの病気が原因でおこります。


治療法

原因となる病気を治療することが根本治療につながります。

腸の炎症の程度によってステロイドや免疫抑制剤を投与します。

同時に、下痢やそれに伴う脱水に対しての治療を行います。


ドッグフードなど栄養管理で注意する点

腸に負担の少ない食事をとることが大事なので、病院では胃腸ケアのための療法食をすすめられることがほとんどです。

基本的には低脂肪、高たんぱくなドッグフードがいいと言われています。

この病気にかかると、栄養を吸収する力が弱くなります。

すると低栄養状態になり、免疫力が低下して普通では掛からない感染症にもかかるようになるので

免疫力を高めるフードがおすすめです。



胃腸のケアと免疫力アップが期待できるフードは
ドッグフード胃腸ケア高品質な消化器療法食&はなびらたけで免疫アップ【犬心 -いぬこころ-】



IBD(炎症性腸疾患)


炎症細胞が腸の粘膜にひろがることで、腸の正常な働きが出来なくなります。

炎症細胞が腸の全体に広がると栄養を吸収できなくなってしまう命に関わる病気です。

症状が軽いと『お腹が弱い子』と思われるだけで診断されていない子も多くいるようです。


症状

 ドッグフード胃腸ケア 長くつづく下痢

 ドッグフード胃腸ケア 食べているのに痩せる


原因

原因は不明とされていますが、免疫機能に異常が生じることが関係していると考えられています。


治療法

炎症細胞の種類によって消炎剤や抗菌剤を投与しますが、症状が軽い場合は食事療法だけでコントロールできる場合もあります。


ドッグフードなど栄養管理で注意する点

食物アレルギーを持っている場合はそれを除いて、消化の良いフードを勧められることが多いです。

慢性的な下痢を続けていると、脱水気味になって、体内のミネラルバランスが崩れがちになります。

下痢を中々コントロールできない子はミネラルバランスに配慮したフードを選ぶとよいでしょう。



崩れたミネラルバランスを整えてくれる
ドッグフード胃腸ケア全原料を公開&ミネラルバランスに配慮【犬心 -いぬこころ-】




直接消化管ではありませんが、膵臓も消化管の一つですのでこちらの病気も紹介しておきます。


急性膵炎


ドッグフード胃腸ケア


強力な消化酵素である膵液が、何らかの原因で逆流して膵臓自体を消化して炎症を起こす病気です。

診断が遅れると命に関わる病気なので、嘔吐と激しい腹痛が続くようなら早めに検査をお願いしましょう。


症状

嘔吐は多くの子に見られますが、下痢はみられない子もいます。

腹痛のサインは【震えている】【うずくまる】【祈りのポーズ】【触ると嫌がる】など個人差があります。

普段からワンちゃんのことをよく見ておきましょう。


 ドッグフード胃腸ケア 嘔吐

 ドッグフード胃腸ケア 下痢

 ドッグフード胃腸ケア 食欲がない

 ドッグフード胃腸ケア 激しい腹痛


原因

食事によるものが多いとされています。

脂肪分の高いフードを多く摂り続けているとなりやすいと言われています。

また、ホルモンの病気が原因でかかることもあるようです。


治療法

基本的には点滴による治療がメインになります。

痛みや吐き気がある場合は痛み止めや吐き気止めを投与します。

比較的短期間(3日程度)は絶食して消化器を休めたのちに、低脂肪で消化の良いフードを少量ずつからはじめます。


ドッグフードなど栄養管理で注意する点

膵炎は再発しやすい病気といわれています。。

急性膵炎がもとで慢性膵炎へと移行して、糖尿病などを併発することもあります。

なので、食事療法は元気になっても続けていく必要があります。

食事はとにかく低脂肪が基本となります。


膵炎に関してはこちらのフードの方がよりおすすめです。

ドッグフード胃腸ケア


脂肪分5%だから病後の栄養管理に最適
膵炎をした犬のためのドッグフード【犬心 -いぬこころ-】


page top