ドッグフード 胃腸ケア

犬の腸内細菌&便質が生まれ変わる【犬心 消化器ケア】

↑無料サンプルはコチラからもらえます↑


蛋白漏出性腸症|犬がかかりやすい胃腸の病気

ドッグフード胃腸ケア


このページでは犬の胃腸(消化器)の代表的な病気の中でも【蛋白漏出性腸症】について解説しています。


【蛋白漏出性腸症】の症状や原因、診断方法や治療方法についてまとめてみました。

胃腸(消化器)の病気は、他の病気に比べても病中病後の栄養管理がとっても大事。

『療法食』というものがあるのは、それだけ身体にとって食事が大切という証拠です。


蛋白漏出性腸症は一度かかると生涯なおらないと言われています。

この病気にかかった子は胃腸をケアした食生活を送ることが大前提となります。


病気の説明だけでなく、食事についても気を付ける点を調べてみました。



蛋白漏出性腸症てどんな病気?


腸からたんぱく質が漏れ出てしまう病気で、酷くなると血液中のたんぱく(アルブミン)が低くなる低アルブミン血症を引き起こします。

症状


 ドッグフード胃腸ケア 長くつづく下痢

 ドッグフード胃腸ケア 食べているのに痩せる

 ドッグフード胃腸ケア むくみや腹水


原因


IBDや悪性リンパ腫、腸リンパ管拡張症などの病気が原因でおこります。


治療法


原因となる病気があれば、まずはその病気を治療することが根本治療につながります。

腸の炎症の程度によってステロイドや免疫抑制剤を投与します。

同時に、下痢やそれに伴う脱水に対しての治療を行います。


ドッグフードなど栄養管理で注意する点


ドッグフード 胃腸ケア


腸に負担の少ない食事をとることが大事なので、病院では胃腸ケアのための療法食をすすめられることがほとんどです。

基本的には低脂肪、高たんぱくなドッグフードがいいと言われています。

この病気にかかると、栄養を吸収する力が弱くなります。

すると低栄養状態になり、免疫力が低下して普通では掛からない感染症にもかかるようになるので

免疫力を高めるフードがおすすめです。



蛋白漏出性腸症の時のおすすめのドッグフード


蛋白漏出性腸症は、腸からたんぱく質が漏れ出てしまう病気なので、キチンとした栄養管理が必要です。



犬心(いぬこころ) 消化器ケア

胃腸に病気を抱えているワンちゃんには、できるだけ良質なドッグフードをあげたいですよね。

犬心は蛋白漏出性腸症やIBDなどの深刻な消化器トラブルにも対応した胃腸ケア用療法食です。


蛋白漏出性腸症の犬の食事に求められる、低脂肪・高たんぱくで、崩しがちなミネラルバランスを補えるよう調整されています。


弱った胃腸でもきちんと栄養を消化吸収できるように考えられています。

積極的に胃腸をケアするための【有胞子乳酸菌】や、免疫力をあげるための【はなびらたけ】【冬虫夏草】を配合しています。


人も食べられるよう、原料は厳選して、添加物や防腐剤は使っていないので、これまでの療法食に不安を覚えている飼い主さんにも満足できるクオリティのドッグフードです。


食いつきが不安な飼い主さんのために、食いつきチェック用サンプル(200g)が無料でおためしできるので安心です。

もちろん送料も無料ですよ♪



ドッグフード 胃腸ケア



page top