ドッグフード 胃腸ケア

犬の腸内細菌&便質が生まれ変わる【犬心 消化器ケア】

↑無料サンプルはコチラからもらえます↑


急性胃腸炎|犬がかかりやすい胃腸の病気

ドッグフード 胃腸ケア


このページでは犬の胃腸(消化器)の代表的な病気の中でも【急性胃腸炎】について解説しています。


【急性胃腸炎】の症状や原因、診断方法や治療方法についてまとめてみました。

胃腸(消化器)の病気は、他の病気に比べても病中病後の栄養管理がとっても大事。

『療法食』というものがあるのは、それだけ身体にとって食事が大切という証拠です。


急性胃腸炎は長く続く病気ではありませんが、長引くと体力が落ちたり、抵抗力が落ちたりして別の病気の原因にもなります。

この病気に何度もかかる子には普段の生活から胃腸をケアした食生活を心掛けてあげましょう。


病気の説明だけでなく、食事についても気を付ける点を調べてみました。





急性胃腸炎ってどんな病気?



一般的に1週間程度で良くなる胃腸の不調を急性腸炎といいます。

胃腸の病気としては一番多いですが、原因はさまざまです。


症状


多くの病気の初期症状でもあるので、この症状だけでは病気や原因は特定できません。

放っておいても治ることもありますが、そうでない場合もあるので、あまり軽く考えないでくださいね!


 ドッグフード胃腸ケア 嘔吐(吐血含む)

 ドッグフード胃腸ケア 下痢(血便含む)

 ドッグフード胃腸ケア 元気がない

 ドッグフード胃腸ケア 食欲がない

 ドッグフード胃腸ケア 腹鳴(おなかがきゅるきゅる鳴ること)

 ドッグフード胃腸ケア 腹痛


原因


一番よくあるのが【異物誤飲】です。

食べ物でないものを食べてしまったことで胃腸が傷ついて、下痢や嘔吐を引き起こします。


 ドッグフード胃腸ケア 異物誤飲

 ドッグフード胃腸ケア 薬の副作用

 ドッグフード胃腸ケア 中毒(洗剤・農薬・植物など)

 ドッグフード胃腸ケア 寄生虫

 ドッグフード胃腸ケア 感染症

 ドッグフード胃腸ケア ストレス


治療法


原因によって治療法はさまざまです。

異物誤飲の場合

吐かせることができるものであれば嘔吐させて取り出せる場合もありますが、

留まっている場所によっては内視鏡や手術でとりだす必要があります。

木のボタンなど、排泄されるのを待っても大丈夫なものもありますが、何か分からない場合は必ず病院へ行きましょう。

尖ったものやひも状のものなどは消化器を傷つけたり、詰まってしまう場合があるので軽く考えないでくださいね。


薬の副作用の場合

治療として出されたお薬の副作用として症状がでることがあります。

獣医さんに何も言われなかったとしても、薬の飲み始めは体調に変化がないかよく見ておきましょう。

おかしいな・・と思ったらすぐに投薬は中止して病院へ連絡して指示を仰ぎましょう。


中毒(洗剤・農薬・植物など)の場合

農薬や除草剤などのついた草などは、量によっては命に関わります。

食べてすぐなら吐かせることもできますが、家庭では難しいと思いますのですぐに病院へ行きましょう。

吸収してしまったら解毒薬の投与や点滴などの処置を行います。

植物でも、水仙の毒は有名ですよね。

一見、ニラによく似ているので、人でもまちがえて食べてしまって中毒症状があらわれることがあります。

草を食べたがる犬の飼い主さんは注意してあげてくださいね。


寄生虫や感染症の場合

駆虫薬や抗生剤の投与で治療します。


ストレスの場合

例えば、飼い主さんが旅行へ行く間ペットホテルに預けたら体調を崩したことはありませんか?

怖がりだったり、神経質な子だけでなく、犬はちょっとした環境の変化で強いストレスを感じることがあります。

上にあげた原因にこころあたりがない時にはストレスからくる急性胃腸炎かもしれません。

引っ越しなど、取り除いてあげられない原因もありますが、そんな時はなるべく犬が安心できるような環境を用意してあげましょう。

やさしくマッサージしてあげたり、好きなおもちゃで遊んであげるなど、楽しい気持ちにしてあげるのも効果がありますよ♪


ドッグフードなど栄養管理で注意する点


ドッグフード 胃腸ケア


多くは一過性のものなので、良くなるまでは胃腸に負担をかけないように消化に良いフードをあげましょう。

物理的に傷ついている時はフードをふやかすなどしてもいいと思います◎

異物誤飲の場合は食生活どうこうよりも、変なものを口にしないよう注意してあげることの方が大事ですね!


また、ドッグフードを変更するときなどは急に変えてしまうとお腹がビックリして急性胃腸炎にかかることがあります。

1週間ほどかけて少しずつ混ぜる割合を多くしていって変更するようにするとお腹も慣れてくれますよ^^


急性胃腸炎の時のおすすめのドッグフード


すぐに治ってしまう場合は今のドッグフードを変える必要はありません。

ただ、何度も繰り返す場合や、ストレスからくるものの場合には少し注意が必要かもしれません。


胃腸に負担がかかると消化吸収にも影響してくるので、出来るだけ胃腸をケアしてあげられるドッグフードがおすすめです。

犬心(いぬこころ) 消化器ケア

胃腸が弱っている時ほど、ドッグフードは良質なものをあげたいですよね。

犬心は下痢や嘔吐などの消化器トラブルをケアする胃腸ケア用療法食です。


弱った胃腸でもきちんと栄養を消化吸収できるように考えられています。

積極的に胃腸をケアするための【有胞子乳酸菌】や、免疫力をあげるための【はなびらたけ】【冬虫夏草】を配合しています。


人も食べられるよう、原料は厳選して、添加物や防腐剤は使っていないので、これまでの療法食に不安を覚えている飼い主さんにも満足できるクオリティのドッグフードです。


食いつきが不安な飼い主さんのために、食いつきチェック用サンプル(200g)が無料でおためしできるので安心です。

もちろん送料も無料ですよ♪



ドッグフード 胃腸ケア



page top